【悲報】日本のサラリーマンの7割 「やる気」なし…やる気のある社員はたったの6%

スポンサーリンク
話題の記事
話題の記事
人気の記事
スポンサーリンク
新着記事
新着記事
新着記事
1: 名無しさん@1周年 2017/06/08(木) 21:44:45.89 ID:CAP_USER9
世界中で世論調査を展開している米ギャラップ社は、数年おきに各国で社員の「やる気」を調査して発表している。
「State of The Global Workplace(世界の職場環境の状況)」という、そのレポートが最後に発表されたのは、2013年のことだった。

17年に入り数年ぶりに調査が行われ、先ごろ来日した同社のジム・クリフトン会長兼CEO(最高経営責任者)が、そのさわりを披露した。
同氏によると、日本の企業戦士の「やる気」はすごく低調だ、ということである。

「日本は『熱意あふれる社員』の割合が6%しかないことがわかった。
米国の32%と比べて大幅に低く、調査した139カ国中132位と最下位クラスだった」(5月26日付日本経済新聞より)
さらに、「企業内に諸問題を生む『周囲に不満をまき散らしている無気力な社員』の割合は24%、『(単純に)やる気のない社員』は70%に達した」(同)と、ネガティブ社員の割合の多さも指摘している。

●「良い子、普通の子、悪い子」

17年版の正式レポートはまだ発表されていないのだが、同調査は繰り返し行われているので、前回となった13年版から調査手法や分類の定義を知ることができる。
ギャラップ社は世論調査の分野では世界屈指の会社だ。

「世界の職場環境の状況2013」によれば、調査可能な個人サンプルは190カ国地域で2500万人に上るとしている。
同調査では毎回140カ国・地域で社員の意識調査を実施しているが、その結果として社員をその「やる気(原語ではEngagement)」度合いにより3種類に分類している。

(1)仕事へのやる気が高い会社員 (Engaged)
やる気にあふれ、会社への貢献度も高い。ビジネスの革新を後押しし、ビジネスをより発展させる。

(2)仕事へのやる気が低い会社員 (Not Engaged)
ただ仕事をやらされている。誰でもできる仕事をただ日々こなす。決して仕事に情熱やエネルギーをそそがない。

(3)そもそも仕事に意欲のない会社員(Actively Disengaged)
無意識に不幸を招いている。やる気に満ちた同僚が得た成果でさえも無駄にすることがある。

3つのなかで(2)は「単にやる気がない」だが、(3)は「単にやる気がないだけでなく、積極的に(1)のやる気ある同僚の足を引っ張る」とされ、組織的には厄介なグループということだ。

●やる気のない社員大国、それが日本だ

来日したクリフトン氏が開示した17年調査結果の一部は、実は13年のそれと大差ない、というか同様な結果を示している。
17年で「(1)6%、(2)70%、(3)24%」という日本社員の調査分布は、13年では「(1)7%、(2)69%、(3)24%」だった。

それにしても、日本の社員の「やる気」は同調査による国際比較で目を覆いたくなるものだ。
13年調査から抜粋しても、(1)「やる気のある社員」の割合は世界平均で13%だったのに、日本はその半分以下だった。
ちなみに米国のそれは30%で世界3位だったが、1位はパナマ(37%)、2位はコスタリカ(33%)だった。…

南米の国が前向きかつ幸福に仕事に取り組んでいる傾向は、お国柄として理解できる。
また、アメリカ人がいかにも自己肯定的に自らへの評価が高いのもわかるような気がする。

しかし、クリフトン氏は前出日経新聞記事で、アメリカでも「やる気」改善が起こってきたのは15年ほど前だったといい、「やる気係数」は必ずしも固定的でないという見解を述べている。
さらに前世紀では日本の「やる気係数」も高かっただろうという見方も示している。

※続きます

2: 名無しさん@1周年 2017/06/08(木) 21:45:23.97 ID:CAP_USER9
※続きです

「それ以上に(筆者注:日本で)問題なのは『不満をまき散らしている無気力な社員』の割合が24%と高いこと。
彼らは社員として価値が低いだけでなく周りに悪影響を及ぼす。
事故や製品の欠陥、顧客の喪失など会社にとって何か問題が起きる場合、多くはそういう人が関与している」(同)

実は「やる気」の割合が際立って低いのは日本だけでなく、韓国(11%)、台湾(9%)、中国(6%)と東アジア諸国に共通の傾向だ。
中国は13年調査では世界最下位だった。

しかし、これらの順位は参加国の経済規模と比し、違和感がある。低すぎはしないか、ということだ。
「労働生産性」の順位からみると、152カ国中日本は32位、韓国は36位、中国(香港を含まず)は83位だった。

ちなみに米国は9位、香港は12位である(「労働生産性の国際比較(14年)、日本生産性本部。
よって、儒教的な価値観による自虐的、卑下的な文化傾向が影響しているのかもしれない。

●やる気のある社員集団が企業にもたらすもの

ギャラップは3つのカテゴリーに分けた社員たちが、会社に対する貢献で差を生んでいる、ともしている。
経営の常識からすれば当然の結論である。
同社は、次の9つの項目に対し、「仕事にやる気がある会社員」「仕事への意欲が低い会社員」で、何が違うのかを調査した。

・顧客評価(customer ratings)
・利益性(profitability)
・生産性(productivity)
・離職率(turnover)
・安全に関する事故(safety incidents)
・減損(盗品)(shrinkage<theft>)
・欠勤(absenteeism)
・医療安全に関する事故(patient safety incidents)
・製品・サービスの質(quality)

そして、調査で得られた「やる気度係数」によって、上位4分の1(やる気の高い会社員)と下位4分の1(やる気の低い会社員)を比較した際の各9項目における差というものを報告している。
それによると、9項目で明らかに優劣の差がみられるとされた。
たとえばやる気の高い会社員は、やる気の低い会社員と比較したときに、顧客評価を約10%、利益性を22%、生産性を21%引き上げ、離職率、欠勤、安全に関する事故の減少、不良品といった項目に関しても大きく差が出たというのである。

ギャラップのこの論理によれば、企業業績を上昇させるひとつの目安としては、彼らの調査に現れる「やる気度」を上げればいい、ということにもなるだろう。
しかし、経営者としての私の経験からいうと、実は社員全体の「やる気度」を上げるのは建前としてはいいが、必ずしも「効率」の向上につながるとはいえない。
前出日経新聞記事では、3分類のうち「仕事意欲のない会社員」は「単にやる気がないだけでなく、積極的に(1)のやる気ある同僚の足を引っ張る」と解説された。
経営者としては、こんな社員たちを改心させ立ち直らせるのは「百年河清を俟つ」が如しのようなもので、できればお引き取り願いたいし、そうでなくてもそんなグループにかかわり合っていてはいけないというのが私の信条だった。

実践的な経営者やリーダーの心得としては、「通信簿で5の付く社員を探せ」というものだ。
正規分布で5点法の通信簿というと、全従業員のなかで「5」が付く社員の割合は7%となる。

ちょうどギャラップ調査で「やる気のある社員」の日本における割合に一致する。
組織の相対的な効率を上げるには、「やる気のある社員」を認知し、権限を委譲して早めに昇進させる、という方法に特化することなのだ。

●やる気度を高める5つの方法

ギャラップはもちろん「やる気度」を高める施策を提言もしている。
一応紹介しておくと、次の5点だそうだ。

1.「やる気」対策を会社の人事戦略に組み込む。
2.「やる気」を科学的に評価できる方法で測定する。
3.会社が現在どこにいて、将来どこに向かおうかということを理解する。
4.「やる気」をひとつの構成概念として見る。
5.「やる気」をほかの業務優先と整合させる。

ちなみに4.は説明文も読んだがわかりにくく、執筆者本人がよくわかっていないことを書き連ねた可能性もあるが、何を列挙しても「施策」らしくはなるのだろう。

※以上です .

3: 名無しさん@1周年 2017/06/08(木) 21:46:40.79 ID:Lfn9s/4V0
団塊、バブルの糞どもが私利私欲で若者を使い捨てにしたからだ。
搾取しまくって強要しまくって使い捨て。サイコパスが頭はってるとその組織は地獄。

5: 名無しさん@1周年 2017/06/08(木) 21:47:28.61 ID:M6EaJy1l0
会社ごと立て直せというのか?無理無理。
一度倒産しないと無理。

6: 名無しさん@1周年 2017/06/08(木) 21:47:35.19 ID:No6gHbTR0
やる気あるなら独立した方が儲かるしな

8: 名無しさん@1周年 2017/06/08(木) 21:48:12.36 ID:MY5jjxLL0
簡単に首にならんしね

9: 名無しさん@1周年 2017/06/08(木) 21:48:13.54 ID:B4HtrZDL0
そりゃそうだ

何も利益上げてない公務員のほうが給料が高いんだからな

国民全体のモチベーションが下がるわ

11: 名無しさん@1周年 2017/06/08(木) 21:49:25.34 ID:z8WD5CNO0
みんなにそんなにやる気出されても、困るんだよね。 単純で平凡な雑務に近い作業をやってる人間がそれなりに沢山居てくれないと、一部のやる気と上昇志向のある人を昇進させて有効に活用出来ないんだよ。

12: 名無しさん@1周年 2017/06/08(木) 21:50:02.29 ID:cZaMY1vP0
ヤル気出して間違って出世でもしたら大変だから適当にやってる

49: 名無しさん@1周年 2017/06/08(木) 22:11:26.89 ID:mDpacHey0
>>12
俺の場合は元々出世の芽が無いんで、適当にやってる。
管理職は大変そう。あんななら一生ヒラでノラリクラリと定年を迎えた方が良い。

14: 名無しさん@1周年 2017/06/08(木) 21:51:16.05 ID:Vxerhmai0
労働の為の労働
死ぬまでの無気力消化試合状態

15: 名無しさん@1周年 2017/06/08(木) 21:51:34.96 ID:nVM9/n900
よほどの能力が伴ってないとウザいキモいカッコわるいの三拍子だかんね

19: 名無しさん@1周年 2017/06/08(木) 21:54:07.45 ID:ArZC7dj50
真面目に仕事したって女様優先で出世するんだからバカらしくてやってられんわ

22: 名無しさん@1周年 2017/06/08(木) 21:56:37.76 ID:4UZujKik0
経済成長の頃は今の大企業だってまだまだ新興だったり既に大企業でもじゃんじゃん新商品開発して売ってって右肩上がりだった時代
やれば売れる、売れたら会社は大きくなるし給料にも返ってくるし出世してますます稼げるって未来があった
まして市場そのものに余地があったから、そこで必死に頑張ればそれは確実に拡げる道になった

今はもう市場も拡がりきって、売っても上がるわけでもなく、勿論給料になんて返ってこない
成果は上がらないし成果を上げても昔のようには評価なんてされない。
会社組織そのものが大きくなりすぎて、何かをしたくて入ったような人も昔散々挑戦して上に上がったはずの役員がNOを突き付けて何も出来ない
結局は大企業というブランドで入っただけの何かをしたいわけでもない、ただ生活やちょっと遊ぶ金が入ればいいってだけの、国家全体大企業病状態

今でもいわゆるベンチャー企業なんか見たら昔のように死ぬほど働いて殆ど死ぬけど生き残ったのが本当に夢を掴むようなのはちゃんとあるぞ
つまりそれがどういうことかってね

23: 名無しさん@1周年 2017/06/08(木) 21:56:50.64 ID:8H8qpNozO
やればできるけど、やる気がないからやらないって言っとけば無能な自分への言い訳になるからな

ものすごく格好悪い

29: 名無しさん@1周年 2017/06/08(木) 21:58:50.36 ID:+4Gb3ov40
日本ではヤル気だすとその分仕事だけ増やされるからな
あとは奴隷が多すぎ

45: 名無しさん@1周年 2017/06/08(木) 22:09:19.81 ID:4UZujKik0
>>29
結局は会社組織や仕事単位そのものが大きくなっちゃってるからね
新興なら社員ひとりひとり合計10人がそれぞれ客10人、更に販路広げて15人とかそういうのだったのが、何千何万の客に社員何百人総掛かりみたいなもんだからね
担当一対一対応とかじゃなく会社対客で、社員同士の仕事の垣根が壊れてるから他のできない社員の分までできる社員がやる構図になっちゃってる
勿論やった量が評価されるわけじゃないから、そりゃやればやるだけ損になっちゃうんだよね…

32: 名無しさん@1周年 2017/06/08(木) 22:00:54.61 ID:fi80nC0nO
仕事は人にふる
隙あらば寝たりサボる
故に何も自分に残らない
嘘や詭弁で自分のミスを他人に押し付ける
反省が無く失敗しない努力をしない
サボり仲間を増やし都合の悪い事は仲間内で揉み消し

こんな人間が増えてる昨今
日本が凋落するのも頷ける
RCEPで国際競争始まれば詰む企業は多いでしょうね

39: 名無しさん@1周年 2017/06/08(木) 22:05:12.18 ID:yJw1kVqt0
「やる気のない」社員がそのまま出世しちゃった例の一つが東芝なんじゃないの?
安定と報酬のことしか頭にない、ろくでもない連中が経営陣に居座ると
本来やる気のある社員が2や3に転落するという